ブログ

2018/03/17 15:12

まだまだコートを手放せなくても、窓越しの日差しがポカポカしてくると、ついついお出かけモードがスイッチオン。思い立ったら、ポンポン詰め込んで軽やかに出発したいものです。そんな時に活躍するのは、やっぱりかごバッグ。

数多の素材の中で、ぜひひとつは持っていたいのが「山葡萄(山ぶどう)」。

希少な蔓と高度な技法を要するため、作家さんが作る“高級芸術品”の扱いになりがちですが、もともとは長く使える丈夫な実用品。

使い込むほどに、艶を帯び、光り輝き、個性的に成長する山葡萄のかごバッグは、特別な日にも、いつもの毎日にも、季節を選ばず、シーンを選ばず、服装を選ばず、年齢に縛られず、使うことができるのです。

流行り廃りのない“本物”をひとつ持ち、使いながら育てていく。それは、オトナならではの楽しみ方です。

 

 

山葡萄の持つ力強さをそのまま残し、丁寧に編み上げました。

だからこその定番の角型。何より使いやすく、抜群の安定感と軽さが特徴。
現代生活では必要幅となる、A4横がすっぽり収まる横幅と高さ。
奥行きも十分にあるので、お財布、携帯電話、ポーチ、ペットボトルやマイボトルなどもスッキリ入ります。
重さがかかっても握りやすく、肘にかけても痛くなりにくい、持ち手に仕上げました。

*自然の物の為、皮にスレ、キズ、ささくれ、汚れ、節、剥げ、曲がり等あり、色合い、肌質、厚み、幅等ばらつきがあります。ご理解の上、お求めください。

***********************
【布袋農園のかごバッグのコト】

宮城や山形、秋田、岩手の深山に自生している山葡萄(やまぶどう)の蔓(つる)で作っています。

山葡萄の蔓素材は、採取が困難で、加工も難易な素材ゆえに、とても希少で貴重です。

加えて、編みかごの中でも「山葡萄の蔓」は扱いが難しく、高度な技法と根気を要し、且つ、作り手の高齢化に伴い、今、山葡萄のかごバッグは少数の限られた職人さんや作家さんが作る芸術作品として扱われております。

「山葡萄」は自然の蔓樹皮なのなかでもひときわ優秀な樹皮材です。特に国内産、東北産は丈夫で質が高いと言われています。

通常自然界の素材は年数による経年劣化(腐朽、褪色など)はさけることが出来ませんが「山葡萄」の樹皮はこの常識を覆す素材で時を経る毎に光り輝くのです。

自然素材で編み込んだ「山葡萄かごバッグ」は利用するほど色艶などの深い味わいを醸し出し、洋装、和装、そして若い人からご年配の方までもが似合う、お洒落で気品ある(味わいのある)素敵な実用品です。

布袋農園ではそんな山葡萄の保全と山葡萄の蔓の採取~加工、そしてかごバッグの技法を伝承する活動をしています。かごバックの収益は、かごバッグを編む作家さんや職人は勿論、かご編み技法を伝承している人、山葡萄の蔓を採取する人、山葡萄の蔓を編みひごに加工する人、山葡萄の山を保全する人、山葡萄の苗を育てる人等など、関わる全ての人達でシェアされ、未来につなげます。

*保証やメンテナンス
販売しています「かごバック」商品はご購入後から1年間の保証(無償修理等)付きで、それ以降も有償となりますがアフターメンテナンス(修理)をお受けします。

*天然素材のため、ひごにスレ、キズ、節、曲り、剥げ、ささくれ、色ムラ、黒ずみ等あり、色合い、肌質にもばらつきがありますこと、ご理解ください。

 

 

宮城県柴田郡村田町菅生字舘70
TEL: お問い合わせ等はContactからお願いします。
E-mail:info@hotei-farm.com