春の優待企画は終了しました。沢山の方にお届けできて良かったです。ありがとうございました!次回は秋(11月の予定)です。

お知らせ

2020/07/21 17:55

野ぶどう、馬ぶどう、犬ぶどう、カラスぶどう、蛇ぶどう、ブスの実、、、



熟した果実が美味しくない、、という、それだけの理由で、様々な地方で、散々な呼ばれ方をされていますが、北関東や東北の一部では「野ぶどう」と、まだ穏やかな感じ。


熟した実は美味しくなくても、その蔓や葉、実には多くの薬効があり、古来中国では万能治療薬として伝承されてきました。中国の薬草学である「中薬大辞典」にも紹介され、解毒作用や血行の改善、鎮痛などに作用があるとして知られています。


近年では研究も進み、肝臓の働きをサポートする作用から脂肪肝と肝機能の改善に役立つだけでなく、糖尿病、関節炎、不整脈や花粉症などの体質改善や、利尿促進など多くの働きが認められつつあります。


他にも、高血圧、糖尿病などの生活習慣病はもちろん、甲状腺肥大、胃痛、不整脈、食欲不振、動悸、息切れ、生理痛などの内臓系はもちろん、肩こり、腰痛、膝痛、リュウマチ、神経痛、さらには肌荒れや、虫刺され、水虫、しもやけなど、、まさに全身に効く万能の民間伝承薬として、日本でも古くから親しまれてきました。


もちろん、それはお茶として飲むだけでなく、塗ったり、貼ったり、煎じたり、入浴したり、お酒になったり、エキスになったり、、使い方も様々です。


2020年6月には、「鉄腕ダッシュ」でも紹介されていましたね。

あの時、ほんの一瞬ですが、布袋農園の野葡萄畑の写真が出ていました、、、写真提供「布袋農園」というアレです。



布袋農園と契約農家の山の畑は、年間通して農薬不使用、無施肥。太陽と、大地の恵みだけで自由奔放に育っています。



採取当日に加工し、成分を壊さぬように低温乾燥。最後は野葡萄の風味を生かした極浅焙煎。

小さな加工場で、小さなハンドワークの繰り返しのため、大量生産はできません。

発送までお待たせする場合もございますが、ご了承くださいませ。


昨年まではティーバッグ加工のみでしたが、今年は茶葉でのご用意です。

煮出す手間が増えてしましますが、成分的にはこちらの方がおすすめ。

元々煎じて飲んでいたものですし、本によっては「野葡萄の茎を煮出す」とも書いてあるくらいです。

ただ、数年経ち木化し太くなった茎は衛生面で問題が出てくるため、消毒などの追加加工が必要になり、、、

気になることが増えるのも事実です。ですから、新しい茎の部分を使用しています。




【野葡萄茶の入れ方】
●水1Lに対し、野葡萄茶葉を大匙1〜2杯加え、加熱します。
●沸騰したら、とろ火で10分程度煮出し、茶こしなどで茶葉を取り除き、保温ポットなどに移し替えます
●抽出時間や水の量はお好みで加減してください
●煎じる際に使用する容器は、土鍋、土瓶がお勧めです。ステンレスやホーロでも構いませんが、アルミ・鉄製・銅製のものはあまりおすすめできません。


*布袋農園の自然栽培野葡萄茶は、今年伸びた蔓(木化する前の蔓)、巻きひげ、茎、葉、実を使用しています。

自然のもののため、採取時期によって、粉砕度、風味や色合いが異なる場合もございます。



鉄腕ダッシュを見た方も、この記事にムムムと思ったあなたも、、ぜひお試しくださいませ。


野葡萄茶については、こちらでもご紹介しています。

野ぶどう 馬ぶどう 犬ぶどう ブスの実、、変な名前の最強野草茶 今年もご用意できました



布袋農園オンラインショップ

https://www.hotei-farm.com/


健やかな毎日を願って、確かな品質の健康野草茶とカラダに良いものをお届けいたします。

 Always by your side 布袋農園